川崎駅前某デパート 原状回復工事に伴う、解体工事

7月23日から、川崎駅前の某デパートのレストラン街で飲食店2店舗の解体工事に入っています。

まずは、現場を広くするためにテーブルやイス、厨房器具などを撤去、搬出していきます。

そして現場が広くなってきたら、造作解体、間仕切り解体、天井解体をしていきます。

上記の解体材を搬出する際に、導線の既存物などと接触して破損しないように注意しながら搬出していきます。

上記解体材の撤去、搬出が終わったらいよいよ厨房土間の斫り作業です。

厨房土間を斫る時に、土間下にある防水層を傷付けない様に注意しながら斫っていきます。

土間の斫りが終わったら、ブロックの間仕切りを斫って解体していきます。

今回の店舗に関しては、ブロックも重量ブロックなので解体するのに時間がかかります。

ブロック下の腰壁に関しては、RCで出来ている為斫るのも大変です。

間仕切り関係を撤去していったら、客席側の土間も全体的に斫っていきます。

まだまだ時間がかかりそうな現場です。